ソープランドの起源

このところ、風俗業界では、働いている若い女の子や、これから働こうと思っているような女の子は少なからずいるようです。
では、どのような業種の風俗がおすすめなのでしょうか。
自分がやりたいことのためにはどのようなことを知ればいいのでしょうか。
そもそも、風俗業界とはいったいどのようなところからはじまり、どのように発展してきたのでしょうか。
ここからは、そのようなことを詳しく見ていきます。
では、まずは、風俗の歴史を紹介していきます。

まず、風俗でもっとも歴史があり、働いている人の人数ももっとも多いと言われているソープランドについて詳しく見ていこうと思います。
そもそも、ソープランドという名前で一般に呼ばれはじめたのは、だいたい1980年代前半の頃だと言われています。
1980年代前半に、厚生労働省によって、全国の名称がソープランドと呼ばれるように名前がかわりました。

では、1980年代に厚生労働省によって名称がソープランドに変更されるまではいったいどのようなふうに呼ばれ、どのようなサービスが行われていたのでしょうか。
そもそも、そのような風俗のサービスは存在していたのでしょうか。
実は、ソープランドは1980年代前半まではトルコ風呂という名前で呼ばれて、営業をしていたようです。
トルコ風呂は日本人のコンパニオンさんと呼ばれていた人たちが日本国内で行っていた風俗営業のことのようです。
原型のトルコ風呂というのは、中東にある公衆の銭湯のようなものが起源だといわれています。
そのお風呂は現地ではハマムと呼ばれており、そのハマムは蒸し風呂で、垢すりサービスを行うスタッフが常駐していたようなのです。
男性風呂は男性の垢すりスタッフが、女性風呂は女性スタッフが担当していました。
が、日本でソープランドと呼ばれるようになる前のトルコ風呂とは全く違い、性的なサービスはいっさい行われていなかったと言われています。

実際、元来の日本に持ち込まれた当時のトルコ風呂も、その持ち込まれた当時は垢すりのサービスだけを現地と同じようなスタイルで提供していました。
ですが、一部の高級志向のトルコ風呂業者が、質の高いサービスを付け加えたことから、他業者もどんどんとサービスを付け加えていったと言われています。
それが徐々に後にソープランドへと生まれ変わっていった、風俗のトルコ風呂になっていったのです。
現在では、ソープランドに名称がかわり、ソープランドとしても様々な種類の営業方法が存在しているようです。
ここからは、様々な種類のソープランドの営業方法を詳しく紹介していこうと思います。
そのサービス内容や客層を見て、自分が何をしたいかを考えてもらえればいいなと思います。